さく内科クリニック

〒563-0026 大阪府池田市緑丘2丁目8-16池田みどり丘クリニックビル1F

072-736-2770

  • 午前診9:00〜12:00
  • 午後診16:00〜19:00
  • 休診:水曜と土曜の午後・日祝

生活習慣病

タッチアイコンお困りの症状をクリックしてくださいお困りの症状をクリックしてください

  • 血圧がずっと高いけど様子見ていました •••

  • 最近健診で脂質異常と言われまして •••

  • 糖尿病と言われまして •••

  • タバコ肺が心配なんやけど •••

  • 尿酸値高いみたいやねん •••

  • 骨密度が心配です •••

  • 脂肪肝って職場健診で言われまして •••

  • 血圧がずっと高いけど様子見ていました •••

    血圧は年を取るとともに上がってくる方が多いと思います。

    病院に行かなくちゃと健診のたびに思いつつも、痛くも痒くもないから、放置されていることも・・・

    でも高血圧が原因の一つとなり、心筋梗塞や脳卒中が起きます。長引く高血圧は心臓に負担をかけ、心臓の機能を落とし、息切れの原因になることもあります。

    痛くも痒くもなくても、放置した結果、突然今の生活を一変させる出来事が起きます。

    今の元気なお姿で生活を送ってほしいという思いで、また気軽に通っていただける雰囲気で診療させていただきますので、是非いらして下さい。

  • 最近健診で脂質異常と言われまして •••

    コレステロールや中性脂肪が高いと、動脈硬化が進むため、その進行を予防するための対策が必要です。

    まず受診されましたら、その脂質異常の原因が甲状腺や腎臓の病気から生じていないか確認致します。

    診察、生理的検査を用いて、現在の動脈硬化の状態を評価します。

    食事や運動の生活指導を第一に、脂質異常を改善させるもしくは動脈硬化の進行を抑制する投薬を提案致します。

    『人は血管とともに老いる』は真実ですので、血管を守るためのサポートをさせていただきます。

  • 糖尿病と言われまして •••

    血糖値が高い・・・。でも口だって乾かないし、なんともない。忙しいし、放置なんてことありませんか??

    血糖が高い状態は血管を傷つけます。
    血管が傷つくと、手足のしびれにつながります。その後に視力障害、やがては腎臓病が出現し、最悪失明・透析ということさえあります。

    少し怖いことを言いましたが、それはしびれも視力障害も腎臓病も、出てしまったものは治療によって元に回復させることは難しいからです。
    血管の傷が全身に及び、その傷が深まってからでは遅いのです。

    患者様の生活習慣を最大限考慮して治療を提案させていただきます。総合内科医による受診が苦痛にならない糖尿病診療を提供させていただきます。

    どうか先延ばしにすることなく、お気軽に受診してほしいと思います。

  • タバコ肺が心配なんやけど •••

    ずっとタバコを吸っていて、最近ちょっと息切れしていて肺気腫を心配しているとか、肺がんが心配などあると思います。

    当院では、レントゲンや呼吸機能検査を行い、診断・治療の提案をさせていただきます。もちろん希望がある場合だけでなく、私が必要と考えた場合は近隣の医療機関での胸部CT検査を提案、その予約確保まで精一杯させていただきます。

    心配をずっとひきずるのは辛いので、一歩踏み出して欲しいと思います。お気軽に受診して下さい。お待ちしております。

  • 尿酸値高いみたいやねん •••

    尿酸値が高いことで起きる病気として、痛風が有名です。
    高い尿酸値の結果、関節骨膜に尿酸結晶が溜まり、それが関節内に剥がれ落ちると熱を持った関節炎に発展します。

    しかし、それ以上に目を向けるべき臓器があります。
    腎臓です。結晶化した尿酸は腎臓にも溜まり、知らず知らずのうちに腎臓を痛め、徐々に腎臓の機能低下を招きます。
    なので痛風になったことがなくても、腎臓を守ために尿酸が高いと言われたら受診して欲しいと思います。

    まずは尿酸値という点数を指標にできる範囲での生活習慣の改善をやってみて、その上で必要に応じて投薬も提案させていただきます。

    また高尿酸血症の患者様はメタボであることも多いので、受診によって血圧、脂質、血糖などの動脈硬化を進める病気を総合的に診察させていただき、心筋梗塞や脳卒中の一次予防をサポートさせていただきます。

  • 骨密度が心配です •••

    年をとるにつれて、骨折の心配が出てくるものです。

    一度骨折すると、手術、その後のリハビリと数ヶ月の入院となることも多く、その場合は認知症になったり、すすんだりする心配も出てきます。結果的に健康寿命の喪失につながります。

    少しでもリスクを減らす対策を前もって立てておくことがとても大切なのです。

    当院では、骨免疫学を学んだ内科医による骨粗鬆症の生活指導・治療をおこないます。

    患者様の日々の生活スタイルに合わせて最適な治療をご提案させていただきます。

  • 脂肪肝って職場健診で言われまして •••

    脂肪肝の何が悪いか。

    それは肝臓に慢性的な炎症を起こし、肝炎、結果的に肝硬変につながるからです。さらに肝硬変になった一部の方は肝臓癌にまで発展することがあります。

    アルコールが原因のもの、アルコールが原因でないものがあります。

    診断は超音波検査で致します。また血液検査で肝臓の線維化マーカーを評価します。

    治療ですが、アルコールやメタボに関係した病気のため、食事や運動の生活習慣指導、肥満の是正がとても大切です。

    肝硬変、肝臓癌のリスクを下げるためにできることはありますので、地域のかかりつけ医としてしっかりサポートさせていただきます。